老人ホームが行なっているサービスを知ることが大切

杖

スケジュール調整の効率化

パソコンを操作する人

申し込み内容とシフト

介護サービスには、介護施設で提供されるものと、要介護者の自宅で提供されるものとがあります。そして昨今では、自宅への愛着から、後者を希望する人が増えています。また、仕事などで忙しく、要介護者を介護施設まで連れて行くことが困難という家庭が増えていることも、その理由のひとつです。そのため介護施設の多くが、訪問介護事業に力を入れています。そして訪問介護では、細かく正確なスケジュール調整が必要不可欠となっています。申し込み内容とヘルパーのシフトとを照らし合わせながら、効率良く介護サービスを提供できるようにと、スケジュールを組んでいくのです。その作業をスムーズにするために利用されているソフトが、訪問介護ソフトです。訪問介護ソフトでは、ヘルパーのシフトを登録しておくことができます。そしてサービスの利用申し込みがあった場合に、希望時間を入力すると、適したヘルパーが自動で選択されるという仕組みになっているのです。手軽な作業で迅速にスケジュール調整ができるので、電話での急な利用申し込みにも、その場で対応できます。さらに訪問介護ソフトには、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどの別の端末で利用できるものもあります。これを導入すれば、ヘルパーは、訪問先でも端末を使ってスケジュールを確認できるようになります。訪問介護では、ヘルパーが訪問先へと出発してから、スケジュールが変更になることもあります。そういったケースが多い介護施設では、臨機応変に対応するために、このタイプの訪問介護ソフトがよく選ばれています。